Introduction
イントロダクション

The system of Synchronotron is a tool for learning the mathematical language of telepathy, which is coded into the Law of Time. It is a teaching from Sirius that contains the language of post-conceptual mind.
シンクロノトロンのシステムは、時間の法則としてコード化されているテレパシーの数学的言語を学習するためのツールである。それは後概念思考の言語を含むシリウスからの教えである。

Sirius is a binary star – Sirius A and Sirius B. It takes Sirius B approximately 52 years to go in an orbit around Sirius A. This is the basis of the 52- year solar galactic cycle (and why the galactic compass is also called the Sirian Wheel).
シリウスは、シリウスAとシリウスB2連星である。シリウスBは、シリウスAを約52年かけて周回する。これが52年の太陽銀河サイクルの基礎である(また銀河の羅針盤がシリアン・ホイールとも呼ばれる理由でもある)。

Synchronotron refers to the compendium of the practices of the 441 (21 x 21) cube matrix system. This mathematical system represents the minimum fractal of totality cubed: 21 x 21 being the prime statement of totality (20) + 1 (unity). 1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 = 21 (unity of totality).
シンクロノトロンは、44121×21)立方体マトリックス・システムの実践の概要に関するものである。この数学的システムは、全体性(20+ 1(単一性)の主要な記述となる21×21として立方体化された全体性の最小フラクタルを表す。1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 = 21(全体性の統一)である。

This system was revealed to José Argüelles/Valum Votan 18 years after the discovery of the Law of Time (1989). It began with a dream initiation at the beginning of the Resonant Moon, Red Magnetic Moon Year (January 10, 2007), Kin 117. The number 441 was heard in a dream instigating an on-going process of decoding. He discovered that this 441 cube matrix is a living system of information transmission that is always occurring; the cube is being transmitted to the larger mental field of the solar system and then into the planet.
このシステムは、時間の法則が発見(1989年)されてから18年後、ホゼ・アグエイアス/ヴァルム・ヴォタンに明かされた。それは赤い磁気の月の年の共振の月の始まり(2007110日)、Kin 117に夢のイニシエーションとして始まった。解読プロセスの進行中に夢で441という数字が聞こえた。彼は、この441立方体マトリックスが常に生起している(その立方体は太陽系のより大きな精神圏を経由して惑星に伝達される)情報伝達の生きたシステムであることを発見した。

The second stage of this transmission occurred eight moons later when a cube crop circle appeared at Sugar Hill in Wiltshire, reported on August 1, 2007 (Magnetic Moon 7, Cube 1, Kin 54 year, Kin 60, Long Count 11 Chuen, Kin 11). On the night that this appeared Valum Votan dreamed that he was taken to the center of the cube matrix.
この伝達の第2段階は、8ヵ月後、ウィルシャーにあるシュガーヒルに立方体クロップ・サークル(ミステリーサークル)が現れたと200781日(磁気の月7日、立方体1、Kin54の年、Kin60。マヤ暦では11チュエン、Kin11)に報じられたことにより起こった。その夜、ヴァルム・ヴォタンは夢で立方体マトリックスの中心に連れて行かれた。

The crop circle contained 18 cubes, 54 faces, and 144 triangles. It was the year Kin 54 (2007) and he perceived this as the clear sign that the Kin 54 year marks the entrance into the 6 cubes of the interdimensional shift. The measure of the first six cubes define the interdimensional shift:
そのクロップ・サークルには、18の立方体、54の面、144の三角形が含まれていた。それはKin 54の年(2007年)に起きたことであり、彼はKin 54の年が次元シフトの6つの立方体への入り口を記す明確なサインであると認識していた。最初の6つの立方体の尺度は、次元間のシフトを次のように定義する:

6³ = 216 = 2 Wizard Year (2魔法使いの年)
5³ = 125 = 3 Storm Year 
(3嵐の年)
4³ = 64 = 4 Seed Year 
(4種の年)
3³ = 27 = 5 Moon Year 
(5月の年)
2³ = 8 = 6 Wizard Year 
(6魔法使いの年)
1³ = 1 = 7 Storm Year
(7嵐の年)

This crop circle occurred on the cubing of the first heptad of the fourth ring of the Mystery of the Stone: 54 x 4 = 216. This occurred at the beginning of the Monkey Genesis—20 Tablets, Cube 11: 2007- 2008. “Monkey Genesis Anchors Magic of Lunar Earth Wizards.”
このクロップ・サークルは、石の神秘の4番目のリング(2・魔法使い(Kin54)の年)の最初のヘプタッド(第1週)の立方体化(第7日):54x4 = 216に発生した。これは、20の銘板の猿の創世記、立方体112007 - 2008年の始まりに当たる。 "猿の創世記は、月の地球の魔法使いの魔法を錨で止める。

After three years of daily work with this system, the Synchronotron was finally presented publicly at the 7-day Advanced Training Seminar, Babaji Ashram, Cisternino Italy, Lunar Moon 15-21, 4 Seed Year. This seminar is referred to in some of the Intergalactic Bulletins that elucidate different facets of the Synchronotron system.
このシステムによる3年間の日々のワークの後、シンクロノトロンは4・種の年の月の月15-21日にイタリアのチステルニーノのババジ・アシュラムで行われた7日間のアドバンス・トレーニング・セミナーでついに公開された。このセミナーについては、シンクロノトロン・システムのさまざまな側面を明らかにする次元間掲示板の中で一部紹介されている。

The ultimate purpose of learning the 441 cube matrix system is to learn how to operate the Holomind Perceiver, a new sense organ located in the corpus callosum (see Book of the Cube). The Holomind Perceiver facilitates the integration of time, space and mind as the principle of radialized synchronization informing the totality of our being. Then we can begin to learn the language of telepathy or the language of Number.
441
立方体マトリックス・システムを学ぶ究極の目的は、脳梁に位置する新しい感覚器官であるホロマインド・パーシーバーの扱い方を学ぶことである(コズミック・ヒストリー・クロニクル立方体の書(第7巻)を参照)。ホロマインド・パーシーバーは、我々の存在全体を知らせる放射状シンクロの原理として、時間、空間、心の統合を容易にする。そうして我々はテレパシーの言語あるいは数の言語を学び始めることができるようになる。

This is a new cosmology based on the eleventh-dimensional system of the cube. It is a telepathic language referencing system that has nothing to do with historical modes. Within this system are various levels of hierarchical command and coding. Anything can be reduced to number and placed into this system.
これは立方体の11次元システムに基づく新しい宇宙論である。それは従来の方法とは全く異なるテレパシー言語参照システムなのだ。このシステム内には、階層的なコマンドとコーディングのさまざまなレベルがある。全ては数に変換してこのシステムに位置づけることができる。

When studying this system, it is helpful to keep in mind the following:
このシステムを勉強するに当たっては、次の点に留意することが役立つ:

1.    Number is frequency.
数は周波数である。

2.    Number is the basis of all creation.
数は全ての創造の基礎である。

3.    Everything in creation is based on Number.
創造の全ては数に基づく。

4.    Number is the primary, exalted language; it precedes and evolves language.
数は第一の、高次の言語であり、言葉に先行し言葉を発展させる。

5.    After language, there is Number.
言葉のあと、数がある。

6.    Number is the telepathic frequency language based on complete whole number mathematics.
数は完全な整数の数学に基づくテレパシー周波数の言語である。

7.    Number is a dimension, just as space is a dimension and time is a dimension. (where there is Number, there is mind).
ちょうど空間が次元であり、また時間も次元であるように、数は一つの次元である。(数あるところ、心あり。)

8.    Number creates order out of time and space.
数は時間と空間から秩序を創造する。

9.    All is number. God is a number. God is in all.
全ては数字。神は数字だ。神は全てに存在する。

Crop Circle, Sugar Hill - Cubes

出典(Source): http://www.lawoftime.org/lawoftime/synchronotron.html#441intro

Japanese translation: Y.Ryuo